Entries

ちょこっと広場 開催

ちょこっと広場が今年も開催です。
今年は7月24日~26日の3日間です。
昨年は、食べ物では豚の丸焼きとか、生ビール、焼きそば、フランクフルト
カキ氷、イベントでは手持ち花火や金魚花火がありました。

今年も盛りだくさんでの開催だと思います。


object1525.jpg object1526.jpg

object1523.jpg object1522.jpg object1524.jpg


ところで、
ちょこっと広場の企画書の冒頭にこのような文がありました。
ちょこっと倶楽部の想いを感じ取っていただければ幸いです。

子供時代、丸子川の川岸や堤防上が私達の遊び場でした。魚釣りや水遊び、
かくれんぼに犬の散歩。日暮れまで夢中で走り回っていました。
ブルーノタウトが賞賛した西山を望む景色も、そうとは知らずに毎日慣れ親しんだ
風景だったのです。

現在は当時と比べ川岸と堤防が近代的に整備されましたが、一方で川岸まで降りて
水に親しむ子ども達の姿が見られないことはとても悲しい事ではないですか。
街中にこの素晴らしい環境を持った私達はどれだけ恵まれているのでしょう。

何十年も昔、まだ花火大会が丸子川河川敷で開催されていた頃、丸子川の水面を
美しく駆け観客を魅了した『金魚花火』も、今では知っている人さえ少なくなりました。

大曲の街中の素晴らしさ・住み良さを語るために、住民自身が楽しめ、親しめる場所であると
再認識してほしい。そして大切にしてほしい。

親子三代が街中で自然と親しみ、語り合える場所を復活させるため、この素晴らしい環境の
価値を住民自身が今一度知るための【時間】と【場所】を創り出すことが、大曲の未来を
背負う子ども達への私達の責務と感じ、今回の企画を考えました。

商業機能が郊外にシフトする中で、街自体のファンクションも変化を求められています。
買い物のための商業集積地としてだけでなく、あらゆる意味で生活を楽しむ場所としての
魅力を高めることが急務であると考えます。

この丸子川の素晴らしさを私達が精一杯感じ、楽しみたい。そしてそれを末代まで伝えていきたい。

大曲ちょこっと倶楽部 一同



スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hanabidiary.blog70.fc2.com/tb.php/480-7a1ef63f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

大曲YEG

Author:大曲YEG
大曲商工会議所青年部
花火日記へようこそ!

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カウンター

今見てる人の数

現在の閲覧者数:

大曲YEG花火日記

QRコード
秋田民報

大曲の花火オフィシャルページ

大仙市大曲の花火サイト

大仙市ホームページ

大曲の花火アクセスナビ